店舗売却をお考えのお客様へ

このようなお悩みはございませんか?
  • 誰かがお店を買い取ってくれたら・・
  • 不動産屋さんにお願いしているがなかなか売却が進まない
  • 辞めたくても閉店に必要な解体工事費用が無い
  • 初期投資をかなり掛けたので、なるだけ高くで買って欲しい
  • 金融公庫のローンが残っている
  • 移転を考えている

居抜き物件として売却することで解決できます。

居抜き物件って何?

内装や造作、設備などが残されている物件を意味します。簡単な手直しですぐに開店できる場合や、厨房設備だけ、あるいは内装の一部だけが残っている状態の場合もあります。
店舗などにおける通常の賃貸借契約では、テナントが退出する際に内装などの解体工事、原状回復工事を行い、「スケルトン状態」にして明け渡すことになっています。しかし、次のテナントがその状態で了承であれば、解体工事を省いて有効活用をすることも可能です。
そのため、あらかじめオーナーの了解を得たうえで、退出する前に次の借り手を探すのが「居抜き物件」の基本となります。

退出するテナントは「解体工事などが省けるのなら、造作や設備などは無償で引き渡しても構わない」という場合もありますが、「造作や設備などを買い取って欲しい」と考えるケースも少なくありません。
そこで、話し合いによって内装、設備、備品などを一括で売買するのが「造作譲渡」です。
新しく入居するテナントは、オーナーとの間における賃貸借契約とは別に、前テナントとの間で造作譲渡契約を結ぶことになります。飲食店以外にも、歯科医院、美容室、エステサロンなどもこのシステムを多く使われています。

居抜き物件(売却)のメリット

居抜き物件で売却が出来た場合、前テナントにとっては解体費用を節約できる、造作譲渡による収入を得られることがあるといったメリットの他に、引き渡し直前まで営業ができるため
解体工事期間の空賃料を負担せずに済むこともメリットになります。

例えば、居抜き物件として店舗の売却を行った場合
居抜き物件3
居抜き物件.comが選ばれる理由

飲食店経営経験者だからこそアドバイスが出来る事があります。
不動産業界歴15年の実績と信頼「超大手不動産会社取引実績多数」を基に幅広い
ネットワークを生かしながら、お客様の利益を生み出していきます。

売却までの流れ
arararacccccc設定-1_01

料金は成功報酬となり、ご相談・査定は無料です。
(売却が成立時のみ手数料をいただきます)

  • 店舗売却をお考えのお客様
  • 開業をお考えのお客様
  • 居抜き物件.comとは
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お店の開業時、得する情報
  • 店舗探しのポイント
  • パートナー企業様募集
  • 採用情報